低金利の銀行カードローン

カードローンと言えば消費者金融を思い浮かべる方が多いですが、今では銀行のカードローンも借り入れ先のメインとなってきています。銀行であれば消費者金融よりも低金利で安心感や信頼性の高い借り入れが行えるため、はじめてお金を借りる方からも銀行カードローンは人気です。

 

 

金利が低くても手続きが面倒であったり時間がかかるのは嫌だと感じている方もいるかもしれませんが、最近の銀行カードローンは手続きも手軽で、さらに早く進むようになっているので安心です。

 

最短即日審査回答はもはや珍しいことではなく、中には契約機を使う手続きで土日の最短即日契約と利用開始も可能としている銀行もあるほどです。

 

窓口が閉まっている土日であってもカードローンなら最短即日利用もできるため、銀行は消費者金融と大差ない早さで借りながらも金利面で優れたカードローンと選ばれるだけの理由や条件を備えているのです。

 

郵送物の面でも優れている

銀行のカードローンは利用条件で消費者金融よりも優れているのはもちろんですが、加えて契約時の郵送物の扱いに関しても消費者金融に勝っている部分があります。

 

消費者金融でも銀行でもWebや郵送での契約となると後日に自宅宛、或いは借り入れ先によっては勤務先宛にカードの郵送がありますが、消費者金融の場合にはサービス名を伏せた封筒でのお届けとなるので少し怪しげな差出人名での郵送物となります。

 

有名消費者金融を見てみると「事務センター」や「ACサービスセンター」などとなっており、どこからの郵送物かは分かりませんがだからこそ怪しい雰囲気のある封筒、郵送物となってしまいます。封筒自体を見られなければ問題はありませんが、見られてしまった際の言い訳がしにくいのは消費者金融からの郵送物の大きな欠点です。

 

対して銀行カードローンの場合には、カードが届けられる封筒は銀行の通常業務で使用するものと同一であるため、封筒を見られただけでは単なる銀行からの郵送物でしかありません。口座の開設をしても銀行からの封筒は届くので、郵送物を見られたとしても口座を開設しただけとの言い訳もしやすいです。

 

口座開設の言い訳も不審な点は何一つなく、封筒の中身であるローンカードや契約書類さえ見られなければその銀行でカードローンの契約を行ったとは気付かれる可能性は低いのです。

 

どの銀行でも基本的には同じですが、銀行カードローンでの郵送物や封筒が気になる方は、申し込みを進める前に参考情報としてオリックス銀行カードローンの郵送物を確認してみましょう。

 

郵送物がどのように届くかを予め知っておけば、申し込みから契約までの不安要素も取り除くことができるようになります。

 

優れた金利での良い借り入れ

消費者金融と比べて優れた金利で借りられる銀行カードローンは、その低金利を生かした借り換えやおまとめとしての利用にも適しています。高い金利で借りている方の借り換え先としての銀行カードローンは特に注目で、これからの返済負担を減らせるために有効な借り方となります。

 

借り換えで使うなら金利はなるべく低い方が良いので、借りる銀行カードローンも金利はシビアに見ておきたいものです。中でも特に優れているのがネット銀行のカードローンで、店舗をほとんど持たないネット銀行はカードローン金利も低くなっている場合が多いので、借り換え先としては適しているのです。

 

ネット銀行のカードローンもいくつかありますが、金利や限度額、そして手続きを進める上での手軽さや早さを重視して選ぶとするならソニー銀行カードローンの審査申し込みを進めてみるのが良いでしょう。最短60分の審査回答で最短即日融資も可能となっているので、急ぎで借りたい方でも安心です。

 

もちろん借り換えとしての利用だけに限らずレジャーや急な出費としても借りられるので、困ったときにはソニー銀行のカードローンでの低金利融資の利用を検討してみましょう。

 

安定した収入が必要

銀行でのカードローンは利用ができれば好条件ですが、そもそも審査に通過をして借りられなければ意味がありません。借りるためには安定した収入が必要となり、上に挙げたソニー銀行カードローンに関しては配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方でも利用ができるようになっていますが、どの銀行にしてもしっかりとした安定した収入を自身、または配偶者が得ていないことには利用ができません。

 

安定した収入にはアルバイトやパートも含まれてはいますが、低金利の銀行カードローンでは申し込みはできても審査通過は難しいと言えます。やはり銀行で借りるためには正社員や公務員といったある程度の水準での安定した収入が必須となるので、アルバイトなどの方は消費者金融での借り入れを考えてみるべきなのです。

 

通る見込みがない審査を受けても信用情報に無駄に履歴を残すだけなので、カードローンの審査は通りそうなところ、見込みがあるところだけに申し込みを進めるようにしてください。